白髪染めとカラーの違い

同じように思える白髪染めとカラーリングというのは、同じようで違っているのです。

白髪染めの詳細お伝えします!メインイメージ

白髪染めとカラーの違い

白髪染めをしようと思ったら、商品を見ていると白髪染めと同じように、カラーリングというのを見かけたことはないでしょうか?白髪染めというのは、当然白髪を染めるもの…。

カラーリングだって髪を染めるもの…。

このアイテムには、一体どのようなわかりやすい違いというのが、あるのだろうか?そんな素朴な疑問を、なんとなくでも感じたことはないでしょうか?というのも、白髪染めもカラーリングも、もとをただせば、どちらのアイテムも髪の毛に対して色をつけるというのは同じなのだから、明確な違いがどこにあるのかわからない…。

いや、むしろ、同じもののような気もしてくるような…。

こんな風に思っている方も、いるのではないでしょうか?ですが、同じように見える白髪染めとカラーリングですが、これらがあえて分けられているというのには、それなりに大事な意味があったのです。

実は白髪染めというのも、カラーリングというのも、髪の毛を染めるという意味では、双方に明確な違いというのはありません。

そうなのです。

同じと思ってもかまわないのです。

では、両方の違いは?というと、白髪染めというのとカラーっリングというのでは、染料の割合とか、染料剤の配合というのが違ってきます。

さらには染め方も、微妙に違っているのです。

こういった理由があるので、白髪染めというのと、同じように思えるカラーリングというのはを、おしゃれを楽しむためとそれ以外といった風に、きちんとと分けられているものなのです。

◇白髪染め完全ガイド
http://e-shiragazome.com/